2013年12月31日

The Doobie Brothers / The Doobie Brothers Collection (1982) [2013]

AOR全盛期、絶頂期のLIVE!ノッテルぜっ!
The Doobie Brothers / The Doobie Brothers Collection (1982) [2013]

The Doobie Brothers Collection.jpg
1. One Step Closer
2. Takin' It to the Streets
3. Jesus Is Just Alright
4. Keep This Train a-Rollin'
5. Take Me in Your Arms
6. Real Love
7. Minute by Minute
8. Slat Key Soquel Rag
9. Long Train Runnin'
10. What a Fool Believes
11. I Cheat the Hangman
12. China Grove
13. Listen to the Music

(CD + DVD)

ザ・ドゥービーズ :アメリカン・バンド

1982年にレーサー・ディスクで発売されて、永らく廃盤状態(CDなし)
(CD + DVD)の2枚で発売、未所有のファンは涙、涙でしゅネ。
しかし、当時のままなのでメンバーが編集等に関わったものではなく、焼き直し盤。
音質のアップや画像の修正もなく、LD所有者には目新しいところがなく残念ではあります。
ぜひとも全盛期のコンプリート版を望みます。そのように切望するのは、拙者だけではありますまい。
おそらくTVプログラム用と思われます。時間も短縮されてるし、心なしか早回しの感が否めない。
価格が安いので気軽に購入でき、とてもよい時代になりました。続きを読む
posted by taha at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

FM / Rockville [2013]

英国の老舗メロディックバンド。
FM / Rockville [2013]

Rockville.jpg
1. Tough Love
2. Wake Up The World.
3. Only Foolin'
4. Crave
5. Show Me The Way
6. My Love Bleeds
7. Story Of My Life
8. Better Late Than Never
9. Crosstown Train
10. Goodbye Yesterday
11. High Cost Of Loving

FM :ブリティッシュAORロック

少し柔らかめですかなぁ。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

Marc Jordan / On A Perfect Day [2013]

ギターを持った放浪者かなぁぁ・・
Marc Jordan / On A Perfect Day [2013]
On A Perfect Day.jpg

01. On A Perfect Day 03:23
02. I Have No Doubt 04:35
03. My TV 04:03
04. She Doesn't Mean That Much To Me 03:56
05. Avalina 03:42
06. Hell Of A Ride 04:13
07. Too Far To Turn Back Now 04:34
08. Wounded 04:26
09. Butter Lane 04:31
10. I'll Never Love Like That Again 04:35
11. The First Time 04:07

マーク・ジョーダン :カナダの歌い手さん

スローでシットリとした感触の曲がこれでもか!と言わんぱかりに心に染み渡ります。
メロディと歌詞が素晴らしいので頭と胸に響きます。
メンバーが無名でもAORの名盤としてオススメいたします。

All songs written by Marc Jordan and Chris Bilton
credits released 15 October 2013


こちらで購入でけます
http://marcjordan.com/album/on-a-perfect-day

Marc Jordan: Lead Vocals

Chris Bilton: Piano, Organ, Rhodes, Synths/Programming, Bass, Melodica, Hand Claps
Shane Fontayne: Electric Guitar, Baritone Guitar
Mike Francis: Acoustic Guitar, Electric Guitar, Dobro
Pat Buchanan: Electric Guitar, Acoustic Guitar, Slide Guitar, Ukulele
Dan Dugmore: Pedal Steel, Acoustic Guitar, Electric Guitar
Lyle Molzan: Drums
Ricky Fataar: Drums
Michael Rhodes: Bass
Colleen Allen: Saxophone
David Travers-Smith: Trumpet
The Biblical Wasteland Singers: Background Vocals
Ezra Jordan: Background Vocals
Jerry Bilton: Percussion
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

State Cows / The Second One [2013]

どこかに飛んで行きますねぇ・・
State Cows / The Second One [2013]

the second one.jpg

1. This Time
2. In The City
3. Mister White
4. Hard Goodbye
5. Scofflaws
6. I Got Myself Together
7. Finally Fair And Balanced
8. Center Of The Sun
9. California Gold
10. Nineteen Eighty One
11. Calf Stoutness Two*
12. Into Something Good *
13. Careful With The Chainsaw, Dear*
14. Tinseltown*

ステイト・カウ : 北欧のAORフリーク

 今回のアルバムにも本家が参加している曲があります。
80年代の雰囲気が沢山です。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TOTO〜AIRPLAY系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

George Benson / Inspiration {2013]

歌い手としてのベンソン、いいね!!
George Benson / Inspiration {2013]
Inspiration.jpg

1. Mona Lisa - Lil' Georgie Benson
2. Just One Of Those Things
3. Unforgettable
4. Walkin’ My Baby Back Home
5. When I Fall In Love
6. Route 66
7. Nature Boy
8. Ballerina
9. Smile
10. Straighten Up And Fly Right
11. Too Young
12. I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
13. Mona Lisa

ジョージ・ベンソン : ギターも弾くことがある歌い手
ナット・キング・コールの名曲をジョージ・ベンソンが歌う。
これはライブを生で体験したいですねぇ。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

Jimi Jamiso / Never Too Late [2012]

サバイバーの顔ですネ!

Jimi Jamiso / Never Too Late [2012]
never too late.jpg

1. Everybody's Got A Broken Heart
2. The Great Unknown
3. Never Too Late
4. I Can't Turn Back;
5. Street Survivor
6. The Air I Breathe
7. Not Tonight
8. Calling The Game
9. Bullet In The Gun
10. Heaven Call Your Name
11. Walk On (Wildest Dreams).

ジミ・ジェイミソン :ヴォイス・オブ・サバイバー

ギターを中心としたストレートな音作りは、プロデュース、ミックス、作曲、演奏に、EclipseやW.E.T.のメンバーである北欧メロディック・ロックの名手エリック・マーテンソン(Erik Martensson)の参加があり。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

Michael Franks / Time Together [2011]

夏向けアルバムながら冬でも春でもOK!
Michael Franks / Time Together [2011]

Time Together.jpg
Now That the Summer's Here
One Day in St. Tropez
Summer in New York
Mice
Charlie Chan in Egypt
I'd Rather Be Happy Than Right
Time Together
Samba Blue
My Heart Said Wow
If I Could Make September Stay
Feathers From an Angel's Wing

マイケル・フランクス : やさしい語り口のおじさん

マイペースはここまで出来れば表彰ものです。
和みます。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

On My Way to the Sun /John Elefante [2013]

やっぱりKANSASの時が一番の思い出なのネ!
On My Way to the Sun /John Elefante [2013]

on my way to the sun.jpg
1. This Is How the Story Goes (feat. Rich Williams & David Ragsdale of Kansas) (11:04)
2. Where Have the Old Days Gone (5:16)
3. On My Way To the Sun (5:06)
4. All I Have To Do (5:21)
5. The Awakening (5:08)
6. Half the Way Home (5:07)
7. We All Fall Short (4:13)
8. Don’t Hide Away (5:12)
9. This Time (5:03)
10. Confess (4:23)


ジョン・エレファンテ :久々のソロ作
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CCM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

STAN BUSH / STAN BUSH [1983]

STAN BUSH / STAN BUSH [1983]

Stan Bush - Stan Bush.jpg
1. It’s Hot
2. Fire In My Heart
3. Can’t Live Without Love
4. Don’t Accuse Her
5. Love Has Taken Me Away
6. All American Boy
7. Say The Word
8. Time Isn’t Changing You
9. Round And Round
10. Keep Your Love Alive



スタン・ブッシュ : アメリカン・ハード・ロック(AOR)続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

Joni Mitchell / Don Juan's Reckless Daughter [1977]

Joni Mitchell / Don Juan's Reckless Daughter [1977]

Don Juan's Reckless Daughter.jpg
1. Overture-Cotton Avenue
2. Talk To Me
3. Jericho
4. Paprika Plains
5. Otis And Marlena
6. The Tenth World
7. Dreamland
8. Don Juan's Reckless Daughter
9. Off Night Backstreet
10. The Silky Veils Of Ardor

ジョニ・ミッチェル : ギターを持った女流詩人

もともとは、フォーク・ミュージック全盛にギター1本で世に出たお方なのですが・・・1960年代後半・・
このアルバムの前後は最もJAZZに傾倒していた時期であり、参加しているメンツも超豪華なNAMEがクレジットされています。
Larry Carlton、Jaco Pastorius、Wayne Shorter、Don Alias、Alejandro Acuna、Michel Colombier等々
そして、Chaka Khan、J.D. Souther、Glenn Freyも back vocalsで参加している。。
しかし、圧倒的にジョニの声とアコギが全体を通して印象深い点が聴き所としてあります。
当時は、BASSのJaco Pastoriusと親密な関係にあって、ウェザー・リポートつながりで名percussionistが3人も参加し"The Tenth World","Dreamland"等でアフリカンリズム乱れ打つ有様?此処にきて、このアルバムの主役はインスト軍団なのーーとなります。まさにやりたい放題・・。ジャンル分けが好きな音楽ファンは、ジョニの目指す方向がJAZZだけではない事に気づく・・いまさら・・でもあるまい。海外での区分からすれば:Folk rock, Folk jazz, Jazz fusion, World となる。
1曲ごとのメンツを比べて聴くもよし、ジョニの詩人としての歌詞を見ながら聴くもよし、ジャコのフレットレスの自由奔放なフレーズに感銘を受けるもヨシ!
一連のJAZZミュージシャン特集は、次作の"MINGUS"で最終形となり名盤LIVE"Shadows & Light"で幕引きとなります。
大人向けの音な故に・・・いろいろと試された貴女なら大丈夫かも??続きを読む
posted by taha at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする