2015年12月23日

Thierry Condor ー Stuff Like That(2013)

AOR黄金期が蘇ります。
Stuff Like That.jpg

01. Blue Looks Good On You
02. Lucky Man (Feat. Chris Camozzi)
03. Lazy Nina
04. Memories (Feat. Jay Graydon)
05. Where Is the Love (Feat. Mya Audrey)
06. Lonely Weekend (Feat. G-Sax)
07. If I Could Hold On to Love
08. All I Know
09. Lite Me Up
10. We Will Dance (Feat. Russell Ferrante)
11. Is It You
12. Malibu

ティエリー・コンドール :スイスの歌い手

輝ける時代のAOR曲がカバーで蘇る!
顔と声が全く一致しないスイスのオジサンでありますが・・。聞いてビックラでございます。
Jay Graydon参加曲もあり、80年代テイストはふんだんに感じられます。
選曲も通好みと言えるもので、単なるHIT曲のオンパレードではありません。
これも、ギター以外の楽器を操りプロデュースもしているUrs Wiesendangerのセンス良し!
オリジナル曲でのアルバムも聞いてみたいですネ!!

Thierry Condor (Vocals, percussion); Urs Wiesendanger (Bass, drums, keyboards, percussion, vocals Background); Bruno Amatruda, Claudio Cervino (Guitars).
Participants of the album "Stuff Like That":Guests, who appear on the album, are singer Mya Audrey, G-SAX, guitarist Dominik Ruegg as well as Bernhard Schoch and Dave Feusi (horns).
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

Gino Vannelli - Live in La [2015]

2014年LAでのLIVEコンサート
Gino Vannelli.jpg
1 Nightwalker 5:33
2 I Just Wanna Stop 5:05
3 If I Should Lose This Love 5:25
4 Appaloosa 5:46
5 A Good Thing 6:39
6 Wild Horses 6:12
7 The Last Days Of Summer 7:17
8 Black Cars 4:23
9 Living Inside Myself 5:11
10 Brother To Brother 8:51
11 People Gotta Move 4:17
Bonus Tracks
12 None So Beautiful 4:06
13 Canto 5:06

ジノ ヴァンネリ さん :上手い人

BEST選曲での大人ライブ。
いいすね。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

Richard Page ‎– Goin' South [2015]

カントリー&ウエスタン なPAGES
Richard Page - Goin' South.jpg
1 Southern Wind 4:24
2 Turn Out The Light 3:45
3 Diamonds 3:35
4 Two Roads And Four Headlights 3:40
5 Me And My Guitar 3:53
6 Everybody's Hometown 4:13
7 Another Day Gone By 3:33
8 Don't Know Why I Miss You 3:45
9 Heaven Is Right Now 3:38
10 This Side of the Soil 3:42

リチャード ペイジ :アメリカの歌い手さん

なんか吹っ切れた感じのアルバムです。リラックスした制作されたのが楽曲に反映されたのかな・・
やっぱり曲は聴きやすくて、カントリー風味ではありますが・・あまり気になりません。
メロもいいし、歌も上手いですからね。オススメです。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

Christopher Cross  / Secret Ladder 「2014」

豪華なメンツながら中味はあっさり味です。
Christopher Cross  / Secret Ladder 「2014」

Secret Ladder.jpg

1. Reverend Blowhard
2. I Don‘t See It Your Way
3. The Times I Need You
4. Island Of Anger
5. V
6. Experiment
7. Simple
8. Wonderland
9. Light The World
10. With Me Now
11. Got To Be A Better Way
12. A Letter To My Children

Christopher Cross :クリ・クロ ちゃん


Will Lee - Bass
Keith Carlock - Drums
Eric Johnson - Guitar
Jeffrey Foskett - Guitar
Michael McDonald - Vocal

このまま、落ち着いた内容で続けてほしいですネ。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

Work Of Art / Framework [2014]

Work Of Art / Framework [2014]

framework.jpg

1.Time To Let Go
2.How Will I Know
3.Shout Till You Wake Up
4.Can't Let Go
5.How Do You Sleep At Night
6.Over The Line
7.The Machine
8.Hold On To Love
9.Natalie
10.The Turning Point

Work Of Art :北欧のTOTOにはなれなかったカ??

このキラキラした感触がたまりません!
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

Supertramp / Even in the Quietest Moments... 「1977」

Supertramp / Even in the Quietest Moments... 「1977」
even_in_the_quietest_moments.jpg

1. Give a little bit (4:07)
2. Lover Boy (6:49)
3. Even in the Quietest moment (6:39)
4. Downstream (4:00)
5. Babaji (4:49)
6. From now On (6:10)
7. Fool's Overture (10:51)

Total Time: 39:25

スーパートランプ :粋でセンスよし

次のアルバムでは、とてもアメリカンになってしまいますが・・・
ジャケから雰囲気があります。能天気ではありません。
ラストのFool's Overtureは長い曲ですが、ライブでの定番でした当時は・・。
お気に入りは、1. Give a little bit 、5. Babaji、6. From now On ですネ。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

Little River Band /The Net [1983]

Little River Band /The Net [1983]

Little-River-Band-The-Net.jpg

"You're Driving Me Out of My Mind" (B. Birtles, G. Goble) - 5:11
"We Two"(G. Goble) - 4:32
"No More Tears"(B. Birtles) - 3:20
"Mr. Socialite"(B. Birtles) - 5:24
"Down On The Border"(G. Goble) - 2:56
"The Danger Sign"(B. Birtles, F. Howson) - 4:02
"Falling"(Housden, Wakeford) - 4:19
"Sleepless Nights"(G. Goble) - 5:10
"Easy Money"(G. Goble) - 4:02
"The Net"(G. Goble) - 4:42
"One Day" (G. Goble) - 2:38

リトル・リバー・バンド :オージーバンド

ジョン・ファーナムの歌声が良いです。
さわやかです。

M2.We Two が(思い出フリーウェイ)としてヒットしました。
we_two.jpeg続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

Electric Light Orchestra (E.L.O.) / Zoom Tour Live [2001]

宇宙船に乗って帰ってきまひた・・
Electric Light Orchestra (E.L.O.) / Zoom Tour Live [2001]
Zoom Tour Live.jpg
1. Program Start:DO YA
2. EVIL WOMAN
3. SHOWDOWN
4. STRANGE MAGIC
5. LIVIN’THING
6. ALRIGHT
7. LONESOME LULLABY
8. TELEPHONE LINE
9. TURN TO STONE
10. JUST FOR LOVE
11. EASY MONEY
12. MR.BLUE SKY
13. MA-MA-MA BELLE
14. ONE SUMMER DREAM
15. TIGHTROPE
16. STATE OF MIND
17. CAN’T GET IT OUT OF MY HEAD
18. MOMENT IN PARADISE
19. 10538 OVERTURE
20. ORDINARY DREAM
21. SHINE A LITTLE LOVE
22. DON’T BRING ME DOWN
23. ROLL OVER BEETHOVEN
24. End Credits〈映像特典〉ジェフ・リン インタビュー

E.L.O. : これはジェフ・リンの興業ですな。

本格的なアリーナではなく、スタジオライブですな。
HIT曲満載のすてきなLIVEです。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

Ambrosia - Life Beyond L.A. 「1978」

JAZZのテイストも取り込みコンテンポラリーになった・・
Ambrosia - Life Beyond L.A.
life beyond la.jpg

Life Beyond L.A.
Art Beware
Apothecary
If Heaven Could Find Me
How Much I Feel
Dancin' by Myself
Angola
Heart to Heart
Not as You Were
Ready for Camarillo

アンブロージア :前作とは別バンドみたいな

1、2作目とは曲調もアレンジも変化してモダンな味付けがおしゃれ。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

10cc / Sheet Music [1974]

もっともイカれたイモBAND!
10cc / Sheet Music [1974]
sheet music.jpg
1. The Wall Street Shuffle
2. The Worst Band In The World
3. Hotel
4. Old Wild Men
5. Clockwork Creep
6. Silly Love
7. Somewhere In Hollywood
8. Baron Samedi
9. The Sacro-Iliac
10. Oh Effendi
11. 18 Carat

10cc :このアルバムから・・・

メンバー自身が重要な作品としています。
ジャケットはヒプノシスの作品。
ここでも映画好きが作品に反映されています。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

Bliss Band: Neon Smiles 「1979」

英国のバンドですがどこかアメリカ風味も・・
Bliss Band: Neon Smiles 「1979」
NeonSmiles.jpg

Stagefright - 4:34
How Do I Survive - 4:08
Hollywood - 3:51
Someone Else's Eyes - 4:21
Doctor - 4:31
Chicago - 5:40
We Never Had It So Good - 3:14
If It Takes Until Forever - 2:37
Something About You - 3:59
That's The Way It Is - 7:15

ブリス・バンド :ポール・ブリスのバンド

このアルバムから多くの曲が、他のアーティストにカバーされています。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

David Pack / David Pack's Napa Crossroads [2014]

ワイン畑でにっこり!
David Pack / David Pack's Napa Crossroads [2014]
David Pack's Napa Crossroads.jpg
1 : O' Blessed Vine
2 : Silverado Free
3 : Next Adventure
4 : Vineyard Stomp
5 : Full House Full Heart
6 : Every Time I Look At You
7 : You Were The One
8 : April Born In May
9 : Wine Country Cowboy
10 : Corner Of His Room
11 : Friend Like You
12 : Napa Crossroads Overture
13 : Crossroads Bound
14 : Harvest

ダヴィド・パック:ワイン好き


ワイン好きのセッション集でした。パックさんの新作ではありません。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

Christopher Cross / A Night in Paris 「2013」

2012年のパリでのライブを収録した2枚組(+DVD)

Christopher Cross / A Night in Paris

『A Night in Paris』
A Night in Paris.jpg

1. All Right
2. The Light Is On
3. Leave It To Me
4. Everything
5. No Time For Talk
6. When You Come Home
7. Minstrel Gigola
8. Walking In Avalon
9. Sailing
10. Never Be The Same
11. Dreamers
12. Spinning
13. I Really Don't Know Anymore
14. 14, November
15. Arthur's Theme
16. Ride Like The Wind
17. Say You'll Be Min

ミスターフラ:ミンゴおじさん

2012年4月にフランス・パリにあるル・トリアノン劇場で行ったライヴの模様を収めた作品で撮影は9台のHDカメラで行われています。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

The Doobie Brothers / The Doobie Brothers Collection (1982) [2013]

AOR全盛期、絶頂期のLIVE!ノッテルぜっ!
The Doobie Brothers / The Doobie Brothers Collection (1982) [2013]

The Doobie Brothers Collection.jpg
1. One Step Closer
2. Takin' It to the Streets
3. Jesus Is Just Alright
4. Keep This Train a-Rollin'
5. Take Me in Your Arms
6. Real Love
7. Minute by Minute
8. Slat Key Soquel Rag
9. Long Train Runnin'
10. What a Fool Believes
11. I Cheat the Hangman
12. China Grove
13. Listen to the Music

(CD + DVD)

ザ・ドゥービーズ :アメリカン・バンド

1982年にレーサー・ディスクで発売されて、永らく廃盤状態(CDなし)
(CD + DVD)の2枚で発売、未所有のファンは涙、涙でしゅネ。
しかし、当時のままなのでメンバーが編集等に関わったものではなく、焼き直し盤。
音質のアップや画像の修正もなく、LD所有者には目新しいところがなく残念ではあります。
ぜひとも全盛期のコンプリート版を望みます。そのように切望するのは、拙者だけではありますまい。
おそらくTVプログラム用と思われます。時間も短縮されてるし、心なしか早回しの感が否めない。
価格が安いので気軽に購入でき、とてもよい時代になりました。続きを読む
posted by taha at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

Marc Jordan / On A Perfect Day [2013]

ギターを持った放浪者かなぁぁ・・
Marc Jordan / On A Perfect Day [2013]
On A Perfect Day.jpg

01. On A Perfect Day 03:23
02. I Have No Doubt 04:35
03. My TV 04:03
04. She Doesn't Mean That Much To Me 03:56
05. Avalina 03:42
06. Hell Of A Ride 04:13
07. Too Far To Turn Back Now 04:34
08. Wounded 04:26
09. Butter Lane 04:31
10. I'll Never Love Like That Again 04:35
11. The First Time 04:07

マーク・ジョーダン :カナダの歌い手さん

スローでシットリとした感触の曲がこれでもか!と言わんぱかりに心に染み渡ります。
メロディと歌詞が素晴らしいので頭と胸に響きます。
メンバーが無名でもAORの名盤としてオススメいたします。

All songs written by Marc Jordan and Chris Bilton
credits released 15 October 2013


こちらで購入でけます
http://marcjordan.com/album/on-a-perfect-day

Marc Jordan: Lead Vocals

Chris Bilton: Piano, Organ, Rhodes, Synths/Programming, Bass, Melodica, Hand Claps
Shane Fontayne: Electric Guitar, Baritone Guitar
Mike Francis: Acoustic Guitar, Electric Guitar, Dobro
Pat Buchanan: Electric Guitar, Acoustic Guitar, Slide Guitar, Ukulele
Dan Dugmore: Pedal Steel, Acoustic Guitar, Electric Guitar
Lyle Molzan: Drums
Ricky Fataar: Drums
Michael Rhodes: Bass
Colleen Allen: Saxophone
David Travers-Smith: Trumpet
The Biblical Wasteland Singers: Background Vocals
Ezra Jordan: Background Vocals
Jerry Bilton: Percussion
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

Boz Scaggs / Slow Dancer [1974]

Boz Scaggs / Slow Dancer [1974]
slow dancer.jpg
1. You Make It So Hard (To Say No)
2. Slow Dancer
3. Angel Lady (Come Just In TIme)
4. There Is Someone Else
5. Hercules
6. Pain Of Love
7. Sail On White Moon
8. Let It Happen
9. I Got Your Number
10. Take It For Granted

歌う高田○次 :ボズ・スキャッグス

1974年発表、オリジナルのジャケはお恥ずかしい海パン姿・・全くアルバムの内容を感じさせないのは・・Bozのセンス??
現在流通しているジャケがしっくりくる拙者は、1974年当時はBoz Scaggsの存在すら知らないのだから・・。
世界的にも評価が高い次作”シルク・ディグリーズ”さんとは雰囲気がまったく違い、今作”Slow Dancer”はモータウンで活躍したジョ二ー・ブリストルさんのプロデュースですね。収録されている楽曲もフィリーソウル、サザンソウル、ファンク等の影響を色濃く感じさせる曲が多いです。その中でも、タイトル曲"Slow Dancer"は今でもLIVEでの定番曲で現在のジャケのイメージにぴったりですもんね。
あ、そうそう、参加メンバーにジェイ・グレイドンがクレジットされてますよ!どの曲かはじっくりと聴き込む必要ありかも・・です。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

Supertramp / Live In Paris '79

世界制覇した当時の映像、これはすごい内容デスネ
live in paris79.jpg
1. School
2. Bloody Well Right
3. The Logical Song
4. Goodbye Stranger
5. Breakfast In America
6. Hide In Your Shell
7. Asylum
8. Even In The Quiestest Moments
9. Give A Little Bit
10. Dreamer
11. Rudy
12. Take The Long Way Home
13. Another Man's Woman
14. Child Of Vision
15. Fools Overture
16. The Two Of Us
17. Crime of the Century

-ボーナス映像-
1. Ain't Nobody But Me
2. You Started Laughing (When I Held You In My Arms)
3. A Soap Box Opera
4. From Now On
5. Downstream

英国のBAND :スーパートランプ
まさか79年当時の映像版が登場してくるとは・・。昔からのファンにはもちろん、最近の70~80年代ROCK好きになった音楽ファンにも観ていただき作品であります。
当時絶頂期にあったスーパートランプの仏国パリのliveは、名作live盤「Paris」でご承知の事と思いますが、この ”Live In Paris '79”はその映像版と言える内容です。BOOTLEG市場で、画質・音質ともに粗悪なものが出回っている現状において、決定版と言える最上のものです。
音盤と映像版では若干の曲数と順序が違いますが、ボーナスとして追加されている曲もあるので79年演奏されていた内容が全曲収録されているのでしょう。リマスタリングされた音と映像は30年以上前の収録とは思えない素晴らしい内容となっています。名盤”Breakfast In America”までのBESTと言える選曲で、スタート”School”からラストの”Crime of the Century”までファンには最高の時間を約束してくれます。SAXやキーボードを前面に打ち出した曲調は、現在でも多くのファンを楽しませる大人向けと言えるものです。(エレキギターの出番が極端に少ない!)
個人的には久々の「一家に一枚のお宝もの」であります。チョーおすすめ!続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

10cc / How Dare You! [1976]

『びっくり電話』という邦題です。
10cc / How Dare You! [1976]
10cc How Dare You.jpg
1. How Dare You
2. Lazy Ways
3. I Wanna Rule The World
4. I'm Mandy Fly Me
5. Iceberg
6. Art For Art's Sake
7. Rock'N'Roll Lullaby
8. Head Room
9. Don't Hang Up

10. Get It While You Can

10cc : お茶目な4人組み
こちらは4作目、ドラマの1シーンのようなジャケットがまたまたいい味をかもしだしています。内ジャケも楽しいので一度お手に取りニンマリとして下さい。裏ジャケもまた曲の内容を現していますので、ぜひジャケットをご覧いただきながらお聴きになることをお勧めいたします。電話をモチーフにして各曲が作られていまして、別の曲どうしでなんらかの関連も見られる凝った内容となっています。各楽曲に対応したシーンがジャケットに散りばめられていて、一度ならず二度三度と楽しめるものになっていますので、一生の宝として重宝することでしょう。マルチ・ミュージシャンの力量を遺憾なく発揮したアルバム・タイトル曲(インスト曲)"How Dare You"からアルバムがスタートして、続く"Lazy Ways"への流れは見事です。エリックの甘く透き通った声も魅力的!
そして、このアルバムの代表的な曲"I'm Mandy Fly Me"は、裏ジャケットに写し出されている搭乗員がその人であり、導入部に2ndに収録されていた"Clockwork Creep"を使用している点も見逃せません。(そう、マンディさんです。隣のいやらしいお顔の紳士は5曲目"Iceberg"のお方・・マンディさんになにやら意味深のお電話かな・・)
シングル曲としてHITした" Art For Art's Sake"は80年代以降も彼らの代表曲のひとつで、liveでも必ず演奏された名曲です。私といたしましては、オリジナル・メンバーのアルバム中で一番大好きなアルバムでございます。その中でも、ケビンが歌う”Don't Hang Up”はラストを飾る名曲です。モチロンこの曲もジャケットにあります。(表のお二人が主人公です。)いいヨ!名曲ですネ。(泣いちゃうんだから!)オリジナル・メンバー4人のラスト・アルバムにして最高作。内ジャケットには登場人物が全員収まっています。その中に4人のメンバーの姿も入っております。探してみてね!3rdのオリジナル・サウンド・トラックも素晴らしい作品でしたが、より丁寧に作り込まれた本作は4人の個性が巧みに溶け込み、なんとも言えない芳醇な香りを放ち見事に輝いていると感じられます。70年代英国産ポップ・ロックの至宝と言えるでしょ。続きを読む
posted by taha at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

Godley & Creme / Goodbye Blue Sky [1988]

Godley & Creme / Goodbye Blue Sky [1988]
Goodbye Blue Sky.jpg
1. H.E.A.V.E.N./A Little Piece Of Heaven
2. Don't Set Fire (To The One I Love)
3. Golden Rings
4. Crime & Punishment
5. Big Bang
6. 10,000 Angels
7. Sweet Memory
8. Air Force One
9. Last Page Of History
10. Desperate Times

ゴドリイ&クレーム 80年代はビデオ監督

グッドバイ・ブルー・スカイ。10CCから脱退した二人が最初のアルバム「コンシークエンシス」を発表してから10年が経ち、ビデオ制作チームとしても超一流として認知された後の作品です。70年代のお得意であったストレンジ色は後退して、このアルバムのコンセプトとしては50年代、60年代の古き良き時代の懐かしさを表現している様に感じられます。キーポイントとなるのはアルバム・ジャケットにも大きく写し出されているハーモニカです。使い方が実に上手いのです。初期の作品は、ほとんど二人のマルチ・レコーディングでしたが、このアルバムでは大々的にゲスト・ミュージシャンを起用しています。その効果は計り知れないものがあって、曲の中に上手くとけ込んでいるのが判ります。まず1曲目の”H.E.A.V.E.N.”から2曲目の”A LITTLE PIECE OF EAVEN”へのつなぎはどうでしょうか!見事としか言いようがないです!素晴らしい!どことなく南国情緒を感じさせるアレンジにニンマリです・・・。お得意のヴォーカル・エフェクトと言うか分厚いコーラス・ハーモニーも健在であり、ゴスペル調のスタートから続く曲としては正にピッタンコと言った印象であります。前2作がリズム・ボックスを大胆に使用した作品だっただけに、このアルバムの音作りは逆に新鮮に感じられます。3曲目のアップ・テンポに展開していく”DON'T SET FIRE”は、ソウルフルに曲が進み彼らの音楽的ルーツがこの辺に合った事が伺い知る事ができます。昔なつかしの西部劇の挿入歌に使用されそうな”10,000ANGELS”はとてもスピード感のある曲で、ハーモニカがここでも効果的に使用されています。そして、拙者がアルバムの中で一番のお気に入りの曲”SWEET MEMORY”ですが、スローな曲進行の中でメロディが実に印象的です。60年代の良質な部分を抽出したかの様なアレンジは、このテの音に目がないファンはたまらないハズでしょう。おもわず口ずさみたくなる曲というのは、こういう曲の事を言うのかも知れません!そして、シニカルな内容の割りにコミカルな曲調の"AIR FORCE ONE"は大統領専用機をパロッたもの。スタートからラストまで楽しめる曲が多く収録されたおすすめのアルバムです。ご賞味あれ・・。続きを読む
posted by taha at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

Electric Light Orchestra /  Discovery 「1979]

Electric Light Orchestra /  Discovery 「1979]
discovery.jpg

1. Shine A Little Love
2. Confusion
3. Need Her Love
4. The Diary Of Horace Wimp
5. Last Train To London
6. Midnight Blue
7. On The Run
8. Wishing
9. Don't Bring Me Down
10. On The Run
11. Second Time Around
12. Little Town Flirt

Electric Light Orchestra : 世界最小のオーケストラ(pop)

彼らが最も輝きを放っていた時期の成功作のひとつ。
70年代のラスト作であり、ビートルズの直系としては最終期となりこのアルバム以降は迷走しだすのね・・・。
個人的には、 オーロラの救世主 - A New World Record 「1976」、 アウト・オブ・ザ・ブルー - Out of the Blue 「1977」 と並ぶ3大傑作ではなかろうか・・。
ストリングス、コーラス、60年代風味・・味わい深いものを感じ取れるものは少し・・薄味となり・・当時のメインストリームのディスコ調の"Last Train To London"はご愛嬌かな・・。それなりかな、いやこういうものも出来るのよ・・かなああ。
スタート曲の"Shine A Little Love"でジェフ・リン節が全開して、バラッド曲の"Midnight Blue"あたりですでに魔術にかかり・・・ホホホとアラビアンナイトの夜は更けて行くわけであります・・・。続く・・・。続きを読む
posted by taha at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

Delerium / Voice (An Acoustic Collection) [2010]

ふわふわした女性VOICEを堪能して・・・
Delerium / Voice (An Acoustic Collection) [2010]
voice.jpg
01. Send Me An Angel (Previously Unreleased) (Feat. Miranda Lee Richards) (3:52)
02. Dust In Gravity (Acoustic) (Feat. Kreesha Turner) (4:02)
03. Too Late, Farewell (Previously Unreleased) (Feat. Butterfly Boucher) (3:57)
04. Silence (Acoustic) (Feat. Sarah McLachlan) (5:05)
05. Innocente (Acoustic) (Feat. Leigh Nash) (6:08)
06. Vienna (Previously Unreleased) (Feat. Elsiane) (5:08)
07. Lost And Found (Acoustic) (Feat. Jael) (3:43)
08. Flowers Become Screens (Acoustic) (Feat. Kristy Thirsk) (5:59)
09. Love (Acoustic) (Feat. Zoe Johnston) (3:35)
10. After All (Acoustic) (Feat. Jael) (3:48)
11. Orbit Of Me (Acoustic) (Feat. Leigh Nash) (4:27)
12. Touched (Acoustic) (Feat. Rachel Fuller) (4:07)

デレリアム:カナダのエニグマ??

今回の紹介する作品は、Deleriumが過去に発表してきた楽曲の内、VOCALをメインにしたものを再構築したBEST盤的なアルバム。エレクトロPOP、アンビエント、チルアウト、クラブMUSIC界隈で評価のある彼らは、Bill LeebとRhys Fulberの二人が発足させたUNITのひとつ。過激なテクノ、もしくはインダストリアル系といわれるカテゴリ・・・。Front Line Assembly、、IntermixやSynaesthesiaといったUNITをいくつも立ち上げてきた中のひとつ・・。初期の作品ではインストの比重が高かったのですが、だんだんとPOP化したきました。そのきっかけは、"サッドネス”の世界的なHITで知られるドイツのenigmaであることは、初期のデレリアムの曲を聴くことで確認することがでけます。ハイ。
Electronicなダンス・ビートに女性VOICEが絡む作風はenigmaそのものといった曲もあります。そんなデレリアムが注目されたのは、1997に発表したアルバム"Karma"に収録された'Silence'、カナダの歌姫{サラ・マクラクラン}が歌うこの曲は世界的にもHITしたことによりアルバムも邦盤が発売されることになりもうした。(もちろん収録されてます)
副題の(An Acoustic Collection)は、エレクトロ・アンビエントPOPの各楽曲が見事なアレンジで生まれ変わっています。文字どーり、妖しい雰囲気のVOICEに焦点を当てたものとなっていて、大人の鑑賞に堪えうる作品となっております。
未発表3曲、新たに取り直したVOCAL部の曲とインスト部をAcousticに調理し既存の歌部分と合体したものと様々でございます。
もし、このアルバムでDeleriumのトリコになられたなら、代表作である"Poem","Chimera"等もお聴き下さい。
現在は、Bill Leebが主催のようですね、Rhys Fulberは別UNITで忙しいみたい。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

SANTANA / Guitar Heaven: the Greatest Guitar Classics of All [2010]

魂のギタリストがなぜか?のカバーアルバム
Guitar Heaven: the Greatest Guitar Classics of All [2010]
Guitar Heaven.jpg
1. Whole Lotta Love
2. Can't You Hear Me Knocking
3. Sunshine Of Your Love
4. While My Guitar Gently Weeps
5. Photograph
6. Back In Black
7. Riders On The Storm
8. Smoke On The Water
9. Dance The Night Away
10. Bang A Gong
11. Little Wing
12. I Ain't Superstitious

サンタナ :ギターおじさん

なぜこの選曲になったか?サンタナ本人というよりは周りのスタッフの好みではないのかい!!と思ってしまうのは私だけではありますまい。
まあ、超が付く有名曲がずらりと並んでいるので、私めは本当にニンマリとして楽しませてもらいました。
意外なことに、原曲に忠実なアレンジの曲が多かったのが楽しめた理由かもしれません。若いミュージシャンの中でサンタナさんは、サラリとギターを弾いているので聴きやすかったのかも知れません。(大人向けと思われる点がここですね。)←AORがアダルト向け音楽として聴かれるのならば・・
個人的には、デフレパードがMTV等でヘビーローテしていた5. Photographが原曲よりソリッド&ハードで良かったりします。
これは、サンタナのアルバムと言うよりは、Classicsロックの名曲のカバー・アルバムにギターで参加してみました・・といった所でありましょうう。
続きを読む
posted by taha at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

ADELE / 21

ブルージーでソウルフルなスモーキーボイス
adele21.png
1. Rolling In the Deep
2. Rumour Has It
3. Turning Tables
4. Don't You Remember
5. Set Fire To the Rain
6. He Won't Go
7. Take It All
8. I'll Be Waiting
9. One and Only
10. Lovesong
11. Someone Like You

アデル : 歌うソングライター

ものすごいアルバム
世界が注目のディーバである。続きを読む
posted by taha at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

Ole Børud - Keep Movin (2011)

Ole Børud - Keep Movin (2011)
ole-borod_keep_movin.jpg

1. Step Into Light
2. She’s Like No Other
3. Broken People
4. Heaven Is On Myside
5. Keep Movin
6. Resting Day
7. High Time
8. Souls In Chains
9. Make A Change
10. Awaiting Your Reply
11. Rock Steady

オーレ・ブールード :歌い手さん

多くの北欧アーティストがお手本としている、70〜80年代の米国産AORテイストがここに!
何も情報がなければノルウェーから登場した新世代メロウのニュー・カマーとは思いますまい・・。
スティーヴィー・ワンダー〜ペイジス風のメロウ・サウンド、はたまたEW&Fばりのホーンが切れる曲までバラエティに富んだ楽曲群に脱帽でしょ。
デヴィッド・フォスターのトリビュートにも参加したオーレのキラメキ・サウンドをご堪能下さい。

posted by taha at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

Jimmy Messina / oasis [1979]

フォーク・カントリーではなくラテン・マリアッチ・・
Jimmy Messina / oasis [1979]

oasis.jpg
1,New And Different Way 3:55
2,Do You Want To Dance 5:11
3,Seeing You (For The First Time) 5:56
4,Free To Be Me 2:55
5,Talk To Me 2:29
6,Love Is Here 5:01
7,Waitin' On You 3:18
8,(Is This) Lovin' You Lady 5:05
9,The Magic Of Love 7:22

ジミー・メッシーナ :歌い手さん

いかにも・・の南国風味のアルバム・ジャケの通りの音が収録された作品です。
ジミー・メッシーナのキャリアは、Buffalo Springfield、Poco、そしてケニー・ロギンスとのLoggins & Messinaがご承知ではありますが・・、日本のAORファンからすればジミー・メッシーナと言えば、この「オアシス」ということになるのでしょう。
それほどこのアルバムが、1979年に発表された年と世に言う空前のAORブームと重なり合っていたのでしょう!このアルバム以外のメッシーナのソロ作品は、日本で話題にもなっていません(いい過ぎか?)
メッシーナのキャリアの中でも異色の内容を誇るこのアルバムは、実際のところ米国でそれほどの高い評価と言えないらしいし、むしろポコやロギンスとの共同作業の方に評価があるとか・・。
いやいや、何にしろ当事オシャレな方々に支持され始めたフュージョン・サウンドにラテン風味を加味した、上質なコンテンポラリー・ミュージックであることが音楽通に受けたのではないかしら・・。
超が付く有名なミュージシャンを起用せずに、これまでのクォリティの作品を作り上げたのだからメッシーナのComposer,Producerとしての力量に驚きを覚えてください。
軽く聴き流せるけれど、後からジワジワとくるアノ感じをご堪能ください。
やっぱり、3,Seeing You (For The First Time)は名曲ネ!続きを読む
posted by taha at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

Christopher Cross / Doctor Faith [2011]

オリジナルとしては12年ぶりくらいとか・・・
Christopher Cross / Doctor Faith [2011]
Doctor Faith.jpg
1. Hey Kid
2. I'm Too Old For This
3. When You Come Home
4. Dreamers
5. November
6. Leave It To me
7. Doctor Faith
8. Rescue
9. Help Me Cry
10. Still I Resist
11. Poor Man's Ecstasy
12. Everything
13. Prayin'

クリストフー・クロス :ミスター・フラミンゴ 

相変わらずのハイトーンで昔からのファンは安心して聴くことができます。
デビュー時からの旧友であるEric Johnson、Michael McDonalsの二人が参加しているので、初期のアルバムに近い印象かなぁぁ・・、いやいや、2011年の音でしょうね。
まぁ。AORの代名詞みたいに言われてきたクロスさんですから・・・。期待し聴きましたヨ!
いいですよ。最近のAOR関連作品では”良”と言えるアルバムでしょ!続きを読む
posted by taha at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

Dick St. Nicklaus / Magic [1979]

日本だけで大ヒットしたタイトル曲が有名。
Dick St. Nicklaus / Magic [1979]
magic.jpg
1.MAGIC
2.HELP YOURSELF
3.WHAT`S THE REASON
4.CAN`T GIVE UP
5.OUR GOODBYE
6.BORN TO LOVE YOU
7.SAD PRICE TO PAY
8.SHE`S MY MUSIC
9.CHANGING

ディック セント ニクラウス :歌い手さん

このCDは日本だけの再発らしく米国では輸入盤(日本盤)が普通に売られている。
それほど本国では忘れられているニクラウスさんは、日本でのAOR大爆発の年1979年にこのアルバムを発表している・・・それこそ日本で日が着いた用意手でもありますが・・・。世界的(米国を中心にして・・)にAORミュージックが隆盛を極めていた時期なだけに、今こうして再発の音源を聴くことができるのでっす。
時はクリクロがデビューした年、ボビー・コールドウェルあたりも人気があったりで、ニクラウスさんにとっては名を上げるチャンスではあったのです。しかし、本国では数あるアーティストの一人としか認識されなかったようで、大阪から人気が出て全国区にまでなりFMから”MAGIC”が流される状況・・・良い時代でありました。そりほどハデな印象のないアルバムですが、タイトル曲以外は落ち着いた印象の良曲も多く、安心してご賞味いただける逸品としてオススメいたします。
参加しているメンツもなかなかの顔ぶれなので、曲のクレジットと共にニンマリとして聴いてください。
アーニー・ワッツの乾いたSAXがフューチャーされた曲や、フニャフニャのキーボードの音を聴くと懐かしさがこみ上げてくるでしょ!
続きを読む
posted by taha at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

Amy Holland / Amy Holland [1980]

シロクマさんの奥様の1枚目!
Amy Holland / Amy Holland [1980]
amy_holland.jpg
1.How Do I Survive 4:01
2.Strengthen My Love 3:58
3.Here In The Light 3:56
4.Stars 4:26
5.Don't Kid yourself 3:49
6.I'm Wondering 3:05
7.Looking For Love 3:36
8.Holding On To You 3:46
9.how Me The Way Home 3:36
10.Forgetting You 2:33

エイミー・ホーランド :女性ヴォーカル

マイケル・マクドナルド夫人として知られるエイミー・ホーランドのデビュー・アルバム
豪華なミュージシャンやサポート陣に支えられて製作された、80年代女性ヴォーカル物の傑作。
それほどマクドナルド節は前面に出てこないので・・・安心してご賞味いただけます。でも、バックヴォーカル、コーラスでは独特のヌケを聞かせてくれています・・。マイケルさんが、人脈を駆使して大好きな人のために、・・本当に強力なバックアップをしたのが伺うことができます。人柄ですかね。だからこそ現在でも色褪せない魅力を放つのだと思います。
アッ・・と言う間にラストまで聞いてしまいます。そして、もう一度再生いたします。いいですねぇぇ。ご堪能ください。本当にAORが輝いていた時期のアルバムは、こういう感じでしたネネ!続きを読む
posted by taha at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

Michael McDonald / Blue Obsession [2000]

ブルースがキーとなるアルバムなのかな?!
Michael McDonald / Blue Obsession [2000]
Blue Obsession.jpg
1. All I Need
2. No Love to Be Found
3. Obsession Blues
4. Where Would I Be Now
5. Build upon It
6. Meaning of Love
7. Open the Door
8. Kikwit Town
9. Down by the River
10. Someday You Will
11. Ain't That Peculiar
12. You Can't Make It Love


マイケル・マクドナルド :歌うシロクマさん??

ブルーアイド・ソウル系の歌い手といえば、真っ先に思い浮かべるのがシロクマさん・・ことマクドナルドおじさん。スティーリー・ダンやドゥービー・ブラザーズとのかかわりからソロ活動へと・・その後はドゥービー・ブラザーズの再結成に携わったり、スティーリー・ダンのライブに飛び入りで参加したりと・・。そういえば、クリストファー・クロスとのジョイント・コンサートはアットホームな雰囲気でナカナカよろしかったことを思い出しますなぁぁ。
今回のオススメ作品は、そのシロクマさんの最後のオリジナル・アルバムと言われている[Blue Obsession]でございます。実際は97年に製作されていたものを大手レーベルから駄目出しされたものだから、レーベルまで立ち上げて発表した曰く付きのアルバム・・それがこのアルバムですね・・。はたしてその内容はいかがなものでありましょうかぁぁ。
こりまた、ステキな内容にビックリなさってください。このアルバムが発表された時点で大手のレーベルの担当者は、「アレレ?」と思ったかどうかは知りませんが・・こんなに良いものなのに何故・・?リリースしなかったことを後悔したことでありましょう・・。そんな印象を持つのは、マクドナルド好きな貴女なのでございましょう。
参加しているメンツも豪華でございますし、プロデュースも曲ごとに適材適所といった所はサスガ!!であります。
やっぱり、シットリめのバラッド曲での泣きが入るシーンは「クーッ、コレコレ」といってしまいましたとさ・・めでたしめでたし!!続きを読む
posted by taha at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

SUPERTRAMP / Crisis? What Crisis [1975]

米国で朝食を余裕を持って採れる以前のアルバム
SUPERTRAMP / Crisis? What Crisis [1975]
Crisis What Crisis.jpg
1. Easy Does It
2. Sister Moonshine
3. Ain't Nobody But Me
4. A Soapbox Opera
5. Another Man's Woman
6. Lady
7. Poor Boy
8. Just A Normal Day
9. The Meaning
10. Two Of Us

スーパートランプ:風刺とユーモア 

アメリカのロスアンジェルスで録音された、それまでのブリティッシュ的な叙情的でちょっとウェットな感触が後退し、アメリカナイズされた明るさが感じられるアルバムです。”シスター・ムーンシャイン”や”レディ”等のヒット曲も生まれました!スーパートランプの魅力の一つである、リリカルなピアノとキーボードによるオーケストレーションが大胆に導入された”Crime Of The Century”とは違って、大作はないがポップな佳作が並ぶステキなアルバムです。リード・ヴォーカルを2人でとれると言うこと、コーラス・ハーモニーが素晴らしいと言うこと、随所に見られるSAX等のウィンド・インストゥルメンタルの効果的な使い方等、現在聴いても全く見劣りしないその曲調、アレンジ、どれをとっても一級品であります。(35年経っているとはとても思えない!)ロジャー・ホッジソンとリチャード・デイビスの2人がキーボードとヴォーカルをとる曲はやはり聞き応えがあり、このふたりが中心人物であった事は良くわかります。ソングライティング・コンビとしても10CCと肩をならべる位優れていると思います。名作[Breakfast in America]で世界征服を成し遂げることになる以前の、少しだけ毒のある佳作としても楽しめます!!
続きを読む
posted by taha at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。