2005年08月18日

Bruce Hibbard / NEVER TURNIN' BACK [1980]

AORマスターである中田師匠のCOLL SOUNDからの世界初CD化作品!
リリース時は隠れた名盤扱いされた作品。

Bruce Hibbard / NEVER TURNIN' BACK [1980]
NEVER TURNIN' BACK.jpg
1. Never Turnin' Back
2. Calling
3. You'll Never Let Me Go
4. It's A Shame
5. You're So Good To Me
6. Forgiven
7. Straight And Narrow
8. All Of Me
9. Love Will Always Make A Way
10. We Are All His Children


ブルース・ヒバート :CCM系AORアーティスト
このアルバムが発表された1980年はAORの当り年と言われております。クリ・クロがグラミー賞を受賞した時期と重なりますし、各レーベルから多くのAORアーティストが多数作品を投入した時期でもあります。まぁ、一番AORアーティストが大切にされた時期とも言えます。(逆にいえばこの82年くらいから下降していくのですが・・)
そんな音楽業界の状況下に製作されたアルバムが、今回ご紹介するBruce Hibbardの「NEVER TURNIN' BACK」です。
熱心なCCM系音楽のファン以外はあまり知られていないアーティストですが、当時輸入盤に足を運んだ物好きな方にはなじみのアルバムかもしれません。当時はCCMミュージックとして日本では紹介されることはほとんどなかった現状を考えると、このアルバムが邦盤発売されなかったのもうなずけます。原盤はMYRRHというCCMの専門レーベルであり、日本におけるディストリビューターがいなかったのです。(ちなみにラス・タフのアルバム「Walls Of Glass」もこのレーベルからのものです。)

しかし、サウンド・プロダクション的にはしっかりとしたもので、バック・ミュージシャンにはライト・フュージョン・グループの「コイノニア」のメンバーを起用しています。(コイノニアのアルバムは邦盤が発売されたのですが・・ジャケ違いで・・)特徴的なのはフワリとした軽い感触を持ち合わせていること、そしてヒバートさんの歌い方がまったく
クセがなく、聴きやすいものであること・・。これが、「COOL SOUND」における人気投票でもbPに輝いた要因でしょうね。バック・コーラスとしてブライアン・ダンカンらが参加しているあたりも、ナッシュビル周辺の人脈が絡んでいると推測されて、こりまた楽しいものとなっています。

しかし、ヒバートはんはCCM系アーティストとしては致命的な過ちを犯してしまいます。これほどまでの素晴らしいアルバムを出していながら、次の作品が聴こえてこないのが悔やまれます。CCM界は厳しいですからね!でも、うまい処に目をつけました中田師匠!米国では絶対にCD化は無理だったでしょうねぇ・・・。


Bruce Hibbard(vo,k),
Hadley Hockensmith(g,b),
Dean Parks(g)
Harlan Rogers(k),
Bill Maxwell(d),
Kelly Willard(vo),
Bryan Duncan(vo),
Randy Thomas(vo)

posted by taha at 20:34| Comment(2) | TrackBack(3) | CCM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ。。。詳しいことはサッパリですが・・・。いいものは言いですね♪
このアルバムは1年前に音楽仲間からいただいてて見向きもしませんでしたが、今年になって聞き直したら「(・-・)ん? いいやん♪」ってw
優しいメロディー♪癒しのメロディー♪いいですよね〜♪
最近、若い人も聞いているとか・・・。
名曲、名盤ですね♪ 私は@Dが好き♪
Posted by mailbox2005 at 2005年09月19日 17:58
あっ、こっちもですね。

このアルバムはどこかホンワカとしたところが和みますねぇ。
Posted by taha at 2005年09月20日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

きたー
Excerpt: ついにamazonから bruce hibbard「never turenin' back」が 到着。 ああ、凄い。 気持ちよい。 なんて軽やかなのだろう。
Weblog: 日刊・音日和
Tracked: 2005-11-13 20:39

◆今日の通勤CD[Never Turnin' Back/Bruce Hibbard]
Excerpt: 当時は知らなかったのですが、、
Weblog: たじまん主審のひとりごと
Tracked: 2006-03-22 09:05

Bruce Hibbard 「Never Turnin Back」(1980)
Excerpt: CCM系AORの最高峰、名盤です! 新年明けましておめでとうございます。今年も徒然なるままに書き綴っていきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。 さて2007年最初のレビューはブル..
Weblog: 音楽の杜
Tracked: 2007-01-02 00:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。