2007年10月10日

Bryan Duncan / Anonymous Confessions of a Lunatic Friend [1991]

CCM界の名ヴォーカリストの代表作
Bryan Duncan / Anonymous Confessions of a Lunatic Friend [1991]
Anonymous Confessions of a Lunatic Friend.jpg
1. Sunday Go to Meetin'
2. Ain't No Stoppin' Now
3. Leave Your Light On (Hopeless Moon)
4. We All Need
5. Lunatic Friend
6. All Is Forgiven
7. Puttin' in the Good Word
8. Walkin'
9. Mr. Bailey's Daughter
10. Blessed Are the Tears
11. I Love You With My Life


ブライアン・ダンカン :CCMの歌い手
Sweet Comfort Bandのフロントマンと活躍後にソロ活動開始し、CCM界で確固たる地位を築いた歌い手さん。唄の上手さは業界でもトップ!
ダンカンさんの作品の中では、日本で唯一発売されたMercy [1992]が最高作といわれていますが、このアルバムもなかなかの出来栄え!
その豪華なバック陣はダンカン作品の中でもダントツであります。そのメンバーは、80年代AORの代表作に匹敵するもの・・。そして、作品の中身も西海岸産AOR作品に引けをとらないものとなっています。演奏人の中でも拙者の抑えるポイントはドラムスのJeff Porcaroであります。ロック/ポップの唄モノにおいてポーカロさんのドラムスは絶大なる効果を発揮します。スティーリー・ダンがポーカロさんをお抱えドラマーとして指名してきた理由が、いまさらながら痛感せざるを得ません。これほどまでに楽曲にメリハリと独特のグルーヴを持たせることができるのはポーカロさんのタイコ以外には考えられない・・・のではないでしょうか・・。
その他にも、有名ミュージシャンが目白押しのこのアルバム・・なぜ日本で発売されなかったのでしょうかぁぁ。シーウィンド・ホーンズからMichael Omartian、Nathan East、Alan Pasqua、Tim Pierce等々・・ぜひ、どなたか再発していただきたいと存じます。
楽曲は、軽快でノリの良いスタート曲"Sunday Go to Meetin'"から、アルバムタイトルとも言える"Lunatic Friend"はお得意のミディアム調のSweet Comfort Bandでやっていそうな曲、そしてダンカンの最高の曲と言われるバラード"I Love You With My Life"までバラエティに組まれていて飽きさせません。ソングライターとしてもダンカンさんは一級のお方・・。Sweet Comfort Bandのアルバムでダンカンさんの魅力に触れて興味があるなら絶対ゲットすべき作品でごわすっ!

Michael Omartian Keyboards
Rafael Padilla Percussion
Jeff Porcaro Percussion, Drums
Alan Pasqua Keyboards
Jerry Peters Keyboards
John Pierce Bass
Tim Pierce Guitar
Dan Posthuma Percussion, Producer
Mike Ross Engineer
Alfie Silas Vocals (Background)
Jeremy Smith Mixing
John Van Tongeren Keyboards
Larry Williams Bass
Tom Willet Executive Producer
David Alhert Engineer
Stan Evenson Art Direction, Design
Al Phillips Engineer
Peter Wolf Keyboards
Dan Lee Guitar
Steve Hall Mastering
Deborah Howell Make-Up
Rose Banks Vocals (Background)
Bill Batstone Vocals (Background)
Bob Carlisle Vocals (Background)
Ken Allardyce Engineer
Elaine Anderson Engineer
Jeff Balding Engineer
Chuck Barth Programming
Joe Bellamy Engineer
Reverend Dave Boruff Saxophone
Terry Christian Engineer
Paul Dieter Engineer
Nathan East Bass
Gary Grant
Jerry Hey
Dan Higgins
Michael Hodges Guitar, Vocals (Background)
Jean Johnson Vocals (Background)
Randy Kerber Keyboards
Sandra Crouch Percussion
Bryan Duncan Vocals (Background), Main Performer

posted by taha at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CCM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック