2007年08月31日

Frederiksen , Denander  / Baptism by Fire [2007]

メロディック・ロックならお任せの二人。
Frederiksen , Denander  / Baptism by Fire [2007]
Baptism by Fire1.jpg
1. Let Him Go
2. Right Heart, Wrong Time
3. Silver Lining
4. Crossing Over
5. Written in Stone
6. My Saving Grace
7. Baptism by Fire
8. Can't Get Enough
9. Never Try to Love Again
10. Dead End
11. Keep a Light On
12. Left with Nothing


フレデリクセン,デナンダー :メロディックProject


このプロジェクトは二人のメロディック・ロックの重要人物で構成されています。一人は、TOTOの2代目シンガーFergie Frederiksen。1978年のTrillion(トリリオン)ファースト・アルバム「氷牙」を皮切りに、デビュー前のGiuffria ジェフリアへ加入→ Le Loux (ル・ルー)→ TOTO→ Frederiksen / Phillips (フレデリクセン/フィリップス)→ Mecca (メッカ)、その間にソロ作品もありまんすなぁ。と、ギターが本業ながら一人でなんでもこなすマルチ・プレーヤーで、メロデック野郎(オタクとは呼ばない・・)Tommy Denander(北欧)のプロジェクトでございます。
Tommy Denanderは自らのプロジェク作品である「RADIO ACTIVE」で、TOTOの関連メンバーといくつかお仕事をしてきた経緯があるので、ファーギーとの合体は必然だったのか・・ウーンやっぱり確信犯だなっ。(アイソレーションが大好きだったのでありましょう・・)
これまた、素晴らしいゲスト陣に支えられてこのアルバムは製作されています。キーボードにTOTOのオリジナル・ギーボーダーSteve Porcaro、セカンドギタリストにMicheal Thompsonが参加していますし、曲作りでは、Frederiksen / Phillipsでフレデリクセンとアルバム作りをした元ベイビーズ〜バッド・イングリッシュのリッキー・フィリップスと曲作り。そして、メッカで一緒だったジム・ピートリックも作曲で参加している・・・。こういったあたりは、二人の人脈をフルに活用しているといえましょうぞっ。
そんなこんなで作られた、このアルバム・・なかなか良いのでございます。
メロディック・ロックを知り尽くしたライターと演奏者が揃っているからあたりまえだが・・。
なんといってもフレデリクセンの唄声が80年代メロディック・ロック好きの心に響きます。全盛時期のようなハイ・トーンは出ていないのですが、現在のもてる力を巧みに使って楽曲の持つフィーリングを伝えてくれています。ギターの部分はデナンダーの趣味が前面に出てきていますが、全体的にはフレデリクセンがリードしている感触です。2007年、23年ぶりにTOTOのステージに立ち「エンジェル・ドント・クライ」を熱唱したフレデリクセン・・次のTOTOのアルバムで復活するのかぁぁぁっ。
日本に来てその雄姿を拝ませてくれっ。
posted by taha at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | TOTO〜AIRPLAY系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53327254
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック