2014年01月31日

Kansas / Vinyl Confessions [1982]

リヴグレン+エレファンテのCCM作品??

Kansas / Vinyl Confessions [1982]

vinyl confessions.jpg
1. Play The Game Tonight
2. Right Away
3. Fair Exchange
4. Chasing Shadows
5. Diamonds And Pearls
6. Face It
7. Windows
8. Borderline
9. Play On
10. Crossfire

カンサス :アメリカン・プログレ・ハードから産業ロックへ転身

もっともAOR的な作品。

1曲づつのクォリティは高いのだが、プログレ・ハード路線ではない。
アリーナ・ロックとしては厳しい内容であり、従来からのファンが離れることになる。
CCM系のAORとして聴くと出来は素晴らしいと思うのだが・・
ビリー・ジョエルの大ヒット曲にそっくりなアレンジもあったりして楽しめます。
"Play The Game Tonight"は、とてもキャッチーな曲でヒットもしました。
80年代を感じさせる内容ではあります・・。
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CCM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393886182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック