2012年08月17日

10cc / How Dare You! [1976]

『びっくり電話』という邦題です。
10cc / How Dare You! [1976]
10cc How Dare You.jpg
1. How Dare You
2. Lazy Ways
3. I Wanna Rule The World
4. I'm Mandy Fly Me
5. Iceberg
6. Art For Art's Sake
7. Rock'N'Roll Lullaby
8. Head Room
9. Don't Hang Up

10. Get It While You Can

10cc : お茶目な4人組み
こちらは4作目、ドラマの1シーンのようなジャケットがまたまたいい味をかもしだしています。内ジャケも楽しいので一度お手に取りニンマリとして下さい。裏ジャケもまた曲の内容を現していますので、ぜひジャケットをご覧いただきながらお聴きになることをお勧めいたします。電話をモチーフにして各曲が作られていまして、別の曲どうしでなんらかの関連も見られる凝った内容となっています。各楽曲に対応したシーンがジャケットに散りばめられていて、一度ならず二度三度と楽しめるものになっていますので、一生の宝として重宝することでしょう。マルチ・ミュージシャンの力量を遺憾なく発揮したアルバム・タイトル曲(インスト曲)"How Dare You"からアルバムがスタートして、続く"Lazy Ways"への流れは見事です。エリックの甘く透き通った声も魅力的!
そして、このアルバムの代表的な曲"I'm Mandy Fly Me"は、裏ジャケットに写し出されている搭乗員がその人であり、導入部に2ndに収録されていた"Clockwork Creep"を使用している点も見逃せません。(そう、マンディさんです。隣のいやらしいお顔の紳士は5曲目"Iceberg"のお方・・マンディさんになにやら意味深のお電話かな・・)
シングル曲としてHITした" Art For Art's Sake"は80年代以降も彼らの代表曲のひとつで、liveでも必ず演奏された名曲です。私といたしましては、オリジナル・メンバーのアルバム中で一番大好きなアルバムでございます。その中でも、ケビンが歌う”Don't Hang Up”はラストを飾る名曲です。モチロンこの曲もジャケットにあります。(表のお二人が主人公です。)いいヨ!名曲ですネ。(泣いちゃうんだから!)オリジナル・メンバー4人のラスト・アルバムにして最高作。内ジャケットには登場人物が全員収まっています。その中に4人のメンバーの姿も入っております。探してみてね!3rdのオリジナル・サウンド・トラックも素晴らしい作品でしたが、より丁寧に作り込まれた本作は4人の個性が巧みに溶け込み、なんとも言えない芳醇な香りを放ち見事に輝いていると感じられます。70年代英国産ポップ・ロックの至宝と言えるでしょ。
how dare you2.jpg
裏ジャケ

how.jpg
これはインナーの入れ物

howdareyou-in.jpg
内側です

アルバム・ジャケットはヒプノシスの手によるもの


posted by taha at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287072392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック