2012年06月30日

Electric Light Orchestra /  Discovery 「1979]

Electric Light Orchestra /  Discovery 「1979]
discovery.jpg

1. Shine A Little Love
2. Confusion
3. Need Her Love
4. The Diary Of Horace Wimp
5. Last Train To London
6. Midnight Blue
7. On The Run
8. Wishing
9. Don't Bring Me Down
10. On The Run
11. Second Time Around
12. Little Town Flirt

Electric Light Orchestra : 世界最小のオーケストラ(pop)

彼らが最も輝きを放っていた時期の成功作のひとつ。
70年代のラスト作であり、ビートルズの直系としては最終期となりこのアルバム以降は迷走しだすのね・・・。
個人的には、 オーロラの救世主 - A New World Record 「1976」、 アウト・オブ・ザ・ブルー - Out of the Blue 「1977」 と並ぶ3大傑作ではなかろうか・・。
ストリングス、コーラス、60年代風味・・味わい深いものを感じ取れるものは少し・・薄味となり・・当時のメインストリームのディスコ調の"Last Train To London"はご愛嬌かな・・。それなりかな、いやこういうものも出来るのよ・・かなああ。
スタート曲の"Shine A Little Love"でジェフ・リン節が全開して、バラッド曲の"Midnight Blue"あたりですでに魔術にかかり・・・ホホホとアラビアンナイトの夜は更けて行くわけであります・・・。続く・・・。
posted by taha at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアルバムは本当に良い。外れの曲が無い。買ったのは16歳だったな。
Posted by むら at 2012年09月23日 03:01
ども、コメントありがとう

そうですか、十代に聴いた音はいつ聴いても良いもんですよね。
Posted by taha at 2012年09月27日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック