2005年03月20日

Wilson Brothers / Another night [1979]

日本における彼らの知名度はAORファンの間では絶大なる支持を得ているアルバムです。(海外での知名度はほとんどナシ??)
Wilson Brothers / Another night [1979]
Another night.jpg
1 Feeling like we're strangers again
2 Another night
3 Thanking heaven
4 Shadows
5 Just like a lover knows
6 Lost and a long way from home
7 Can we still be friends
8 Ticket to my heart
9 Take me to your heaven
10 Like yesterday


ウィルソン・ブラザース :名ソング・ライティング・チーム

なぜに日本において彼ら名前が大きく伝えられるのか?その理由は、なんと言ってもギターで参加しているSteve Lukatherが良い仕事をしているからです。ルーク様は、彼らのメロディアスな楽曲とマッチしたギター・ソロを絶妙のタイミングで披露しています。この二人のヴォーカル・スタイルの特徴はコーラス・ハーモニーを重視しているところです。そのヴォーカル・スタイルはボズ・スキャッグスをもっと軽くしたような感触なのですが、二人の息のあったところを巧く活用しています。曲によりストリングスを配置したりキメのポイントを知り尽くしている所も高ポイントの一つと言えます。"Steve Wilson"と"Kelly Wilson"の二人がこのブラザースでありますが、バックを固めるメンツがナッシュビル周辺のCCM系プレイヤーとなっています。・・・・
ヴォーカル・グループとしての知名度は、本国アメリカにおいても日本と同じくらい低空飛行なこのブラザースですが、ソング・ライティッング・チームとしては高い評価を得ています。その証拠にBcm系ヴォーカル"Stevie Woods"のアルバムに"Take Me To Your Heaven"を提供しています。
拙者は先に"Stevie Woods"の曲を聴いて「良い曲じゃ!」と思ったしだいです。モチロンこのアルバムでも"Take ToMe Your Heaven"は収録されており、オリジナルとしての良さを発揮しています。その他にも多数の曲が他のアーティストに提供されていたりします。

posted by taha at 15:21| Comment(3) | TrackBack(2) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルークのベストプレイの一つですね!Shadowsなんて、珍しくジャキジャキやってますものね。この時期のルークは素晴らしいですね。ウィルソン兄弟の軽いVocalもちょっと地味な感じもしますが、曲調がロックではないのでそれがまたいい味出してるような気がします。
Posted by 主審 at 2005年03月20日 23:51
TOTOでのプレイと違って、抑えた感じがなんとも言えずねヨロヒイかと存じます。

こういった音楽は米国では、無視し続けられているのが残念です。
Posted by taha at 2005年03月21日 12:09
いいアルバムだと思うんですがねー、個々の曲に個性があり、なおかつバランスが取れてます。
Take Me To Your Heavenなんて、永遠の青春名曲と思いマース!
Posted by ohiro at 2007年06月23日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2510094
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Another Nights / Wilson Brothers
Excerpt: AORファンが泣いて喜ぶウィルソン・ブラザーズです。僕も今始めて知ったんですが、これって79年の作品だったんですね。まぁほぼ80'sってことで(^^ゞ 当時はもちろんLPレコードでして、その後続々とC..
Weblog: 今こそ、80’s!!
Tracked: 2006-04-01 15:53

ウィルソン・ブラザーズ/アナザー・ナイト(1979)
Excerpt: 総合評価 ★★★★★ ナッシュビルの一発屋兄弟が放った夏と青春の匂いムンムンの傑作アルバム! TOTOのスティーブ・ルカサーが素晴らしいギター演奏をしていることで有名ですが、曲が粒ぞろいでしか..
Weblog: AORな日々をあなたに
Tracked: 2007-06-23 23:28