2010年06月29日

Michael McDonald / Blue Obsession [2000]

ブルースがキーとなるアルバムなのかな?!
Michael McDonald / Blue Obsession [2000]
Blue Obsession.jpg
1. All I Need
2. No Love to Be Found
3. Obsession Blues
4. Where Would I Be Now
5. Build upon It
6. Meaning of Love
7. Open the Door
8. Kikwit Town
9. Down by the River
10. Someday You Will
11. Ain't That Peculiar
12. You Can't Make It Love


マイケル・マクドナルド :歌うシロクマさん??

ブルーアイド・ソウル系の歌い手といえば、真っ先に思い浮かべるのがシロクマさん・・ことマクドナルドおじさん。スティーリー・ダンやドゥービー・ブラザーズとのかかわりからソロ活動へと・・その後はドゥービー・ブラザーズの再結成に携わったり、スティーリー・ダンのライブに飛び入りで参加したりと・・。そういえば、クリストファー・クロスとのジョイント・コンサートはアットホームな雰囲気でナカナカよろしかったことを思い出しますなぁぁ。
今回のオススメ作品は、そのシロクマさんの最後のオリジナル・アルバムと言われている[Blue Obsession]でございます。実際は97年に製作されていたものを大手レーベルから駄目出しされたものだから、レーベルまで立ち上げて発表した曰く付きのアルバム・・それがこのアルバムですね・・。はたしてその内容はいかがなものでありましょうかぁぁ。
こりまた、ステキな内容にビックリなさってください。このアルバムが発表された時点で大手のレーベルの担当者は、「アレレ?」と思ったかどうかは知りませんが・・こんなに良いものなのに何故・・?リリースしなかったことを後悔したことでありましょう・・。そんな印象を持つのは、マクドナルド好きな貴女なのでございましょう。
参加しているメンツも豪華でございますし、プロデュースも曲ごとに適材適所といった所はサスガ!!であります。
やっぱり、シットリめのバラッド曲での泣きが入るシーンは「クーッ、コレコレ」といってしまいましたとさ・・めでたしめでたし!!


Personnel: Michael McDonald (vocals, keyboards); Tommy Sims (vocals, guitar, keyboards, bass); Wendy Moten (vocals); David Pack (guitar, keyboards); Chris Rodriguez, Bernie Chiaravalle, William Owsley, George Cocchini, Gordon Kennedy (guitar); Dan Dugmore (lap steel guitar); Sam Levine (flute); Kirk Whalum, Mark Douthit, Doug Moffet, Dennis Solee (saxophone); Mike Haynes (trumpet); Barry Green (trombone); Bobby Taylor (oboe); Matt Rollins (piano); Joe Hogue (keyboards, programming);Bill Livsey, Marc Harris (keyboards); Viktor Krauss (acoustic bass); George Perilli, Dan Needham, Chester Thompson, Armand Grimaldi (drums); Tom Roady (percussion); Toby McKeehan, Michael Tait, Kevin Max Smith, Johnny Neel, Tabitha Fair, Angelo Petrucci, Veronica Petrussi, Joey Kibble, Mark Kibble, Claude McKnight, Nicol Smith, Chris Willis (background vocals); The Nashville String Machine.

Producers: David Pack, Tommy Sims, Chris Pelonis, Bernie Charivalli, M. McDonald.

Engineers include: Martin Woodlee, Greg Rubin, Jon Lechner.
posted by taha at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154884920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック