2008年11月12日

Work of Art / Art Work [2008]

北欧からの新たな刺客、TOTOファン大感激!
Work of Art / Art Work [2008]
Work of Art.jpg
1. Why Do I?
2. Maria
3. Camelia
4. Her Only Lie
5. Too Late
6. Whenever U Sleep
7. Once in a Lifetime
8. Piece of Mind
9. Lost Without Your Love
10. Like No Other
11. Cover Me
12. One Hour

スウェーデンからメロディック・ファンを狂喜乱舞させるバンドが・・
ワーク・オブ・アート :メロディック・ロック・バンド
影響を受けた音楽としてTOTOを第一に挙げているように"Camelia"はTOTOの某曲にそっくりキーボードの入り方、ドラムスのアレンジまで似てます。思わずニンマリでしょ。(他の曲も色々と探せますですっ)まずはスタート曲の"Why Do I?"でこのバンドの目指す方向性がハッキリと判ります。TOTOでもファーギー・フレデリクセンやジョセフ・ウィリアムスが在籍していた時期からの影響が大・・それはメンバーも認めているので。「Isolation」「Fahrenheit」「The Seventh One」の3枚からの影響が多く感じられる・・。それは、アルバム全体を通して聴いても明白。他にも80年代に米国を中心に活動していた多くのバンドに影響を受けている点からも80年代メロディック・ロックをこよなく愛する人間にはドンピシャな音作りをしているのでありまんす。
特にヴォーカルとキーボード担当の"Lars Safsund"の声質が、どことなくジミ・ジェイムソンやファーギー・フレデリクセンに感じが似ているのでより入り込みやすいのよ・・。中心となっているのはこのお方と思われるので強力なTOTOマニアなのかしらぁぁ。ドラムスがゲストなのでライブの活動がどうなるかは??でありますが、もし来日公演なんかが催されたらTOTO亡き後の正当なる継承者として日本で大きくとりあげてホスイ!
ただひとつだけアルバム・ジャケットが楽曲とイメージが合わないのではないかなぁぁって思ってしまいまふっ。
TOTO以外の影響を受けたアーティストとして・・
Journey, Giant, Mr. Mister, Chicago, Maxus, Pages, Jeff Paris, Saga, Pride of Lions, Survivors, Vince Di Cola, Winger, Mr. Big, Tommy Denander,の名前がありますのよん!これらのファンの方にも超オススメですっ!

posted by taha at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。