2005年12月12日

Peabo Bryson / Through the Fire [1994]

ピーボより旨いのはピーボだけっ・・・

Peabo Bryson / Through the Fire [1994]
Through the Fire.jpg
1.Treat Her Like a Lady
2.Whole New World [(Aladdin's Theme)]
3.Love Will Take Care of You
4.Never Saw a Miracle
5.Why Goodbye
6.Through the Fire
7.Spanish Eyes
8.By the Time This Night Is Over
9.Beauty and the Beast
10.You Can Have Me Anytime
11.Don't Make Me Wait
12.Same Old Love


ピーボ・ブライソン :旨い歌い手
ピーボ・ブライソンの名前は知らなくても、ディズニーのアニメ映画の「アラジンのテーマ」や「美女と野獣」で彼の声は多くの人に愛されています。
80年代からクワイエット・ストームの代表的な歌い手として世界中から支持されているピーボさん。当時日本の清涼飲料水メーカーのCMにも出演したりしていました。
このアルバムは、レジーナ・ベルとのデュエット曲"Whole New World [(Aladdin's Theme)]"と、セリーヌ・ディオンとのデュエット曲"Beauty and the Beast"を含むベストセラーとなったアルバムです。多にもピーボの代表作はありますが、AORファンに一番アピールできるアルバムがこの「Through the Fire」ということになります。
参加している演奏者がフュージョンやAORシーンで活躍しているプレイヤーが多く参加しているからです。ディズニー・アニメの有名曲の他には、SAXのケニー・Gとのコラボ作である"By the Time This Night Is Over"。この曲は、ケニー・Gのアルバム「ブレスレス」にも収録されています。すなわち、他のアーティストとの競演曲も多く収録されているので、演奏者やプロデューサーが多数にわたり、収録された日時や場所も色々となっています。しかし、一枚のアルバムとして聴いて違和感がまったく感じられません。そりは、ピーボのすばらしい歌声と人並みはずれた歌唱力があるからに他ありません。どんな演奏者やプロデューサーのもとでもピーボより旨いのはピーボだけ・・ですから。

Jeff Lorber Drum Programming
John "J.R." Robinson Drums
Neil Stubenhaus Bass
David Foster Arranger, Keyboards, Producer,
Keith Thomas Synthesizer, Vocal Arrangement, Producer
Kenny G. Sax (Soprano)
Regina Belle Vocals
Nathan East Bass
Dann Huff Guitar
Phillip Ingram Vocals (Background)
Michael Landau Guitar
Peabo Bryson Synthesizer, Arranger, Main Performer, Vocals (Background), Producer, Vocals
Celine Dion Vocals

many??

posted by taha at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | BCM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック