2016年06月30日

Mark Spiro - It’s A Beautiful Life [2012]

やっぱり曲がイイんです。

Mark Spiro - It’s A Beautiful Life [2012]


512d9e+a80L._SX466_.jpg

1. It’s A Beautiful Life
2. I Know Who I Love
3. Come Back To Me
4. Love Struck Dumb
5. Go Another Mile
6. Dance The Lonely Spotlight
7. Might As Well Be Me
8. Brand New Beautiful Day
9. Dream Big, Pray Hard
10. Everything I Do

マーク・スピーロ :メロディックなロックはこうでなくては・・

この声は、好みが分かれると思いますがアッシは好きでやんすねえ。割とあっさりと感じられるかもしれませんが、年齢が進めば自ずと落ち着かれるのでございましょう。最近は、このお方のような歌い手が少ないので貴重なのかもです。liveとかしないのかなああ・・。続きを読む
posted by taha at 23:17| Comment(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

AL JARREAU / My Old Friend [2014]

ジョージ・デュークへのトリビュート

AL JARREAU / My Old Friend [2014]



MI0003745061.jpg
01 My Old Friend  featuring Gerald Albright
02 Someday  featuring Dianne Reeves
03 Backyard Ritual  featuring Marcus Miller
04 Summer Breezin'  featuring Gerald Albright
05 Sweet Baby  featuring Lalah Hathaway
06 Every Reason to Smile / Wings of Love  featuring Jeffrey Osborne
07 No Rhyme, No Reason  featuring Kelly Price
08 Bring Me Joy  featuring George Duke and Boney James
09 Brazilian Love Affair  featuring Dianne Reeves
10 You Touch My Brain  featuring Dr. John

まさに円熟味ですな・・・

盟友の死を悲しみ凄いメンツと作ったトリビュート作品。曲ごとのクレジットを見ながら聞きましょ。おなじみの曲も、また違った良さが感じられます。プロデュースが、Marcus MillerやBoney Jamesですからね!続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

ED MOTTA / AOR [2013]


ジャケ写真と中身がうまくリンクしません
ED MOTTA / AOR [2013]
20131229110057.jpg

01. Playthings of Luv
02. Simple Guy
03. Lost in the Night
04. Dondi
05. Smile
06. 1978 (Leave the Radio on)
07. Dried Flowers
08. Aor
09. Farmer's Wife
10. Mais Do Que Eu Sei [*]
11. Marta [Alternate Piano Solo] [*]
  [*]ポルトガル語

ブラジルが生んだグルーヴ・マスター

エジ・モッタさん。ブラジル稀代のサウンド・クリエイターでレコード・コレクターでもある。このアルバム発表の2013には来日もして、レジェンド・ギタリスト、デヴィッド・T・ウォーカーをフューチャしたすばらしいLIVEを行っている。ブラジル国内ではポルトガル語バージョンで、日本盤は英語バージョン。スティーリー・ダンとの比較は必要なし、まったく声がドナルド・フェイゲンに似ていないのですから・・。得意なJAZZのエッセンスとソウル・グルーヴが巧く隠し味になってます。

続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

RADIOACTIVE / F4UR [2015]

10年ぶりの4枚目!
f4ur.jpg
1. Summer Rains - Jimi Jamison
2. Back To The Game - Fergie Frederiksen
3. Beautiful Lies - Jeff Paris
4. The Piper - Steve Walsh
5. Alibis - David Roberts
6. When The Silence Gets Too Loud - Robin Beck
7. You'll Find The Fire - Jean Beauvoir
8. Heart Come Alive - Bobby Kimball
9. Start All Over - Jeff Paris
10. If Only My Memory Could Lie - Dan Reed
11. Natural Born Dreamer - Jeff Paris
12. Give Me Your Loving - James Christian
13. Memoriam - Instrumental
14. Just A Man※ - Fergie Frederiksen
※Bonus Track for Japan

ラディオ・アクティブ:北欧のメロディック・マスター ・・

・・トミー・デナンダー のプロジェクト。
今は「亡き」偉大な歌い手が参加していることが今回のアルバムの目玉ではあり・・
ファーギーもジャミソンも全く全盛期に劣らない素晴らしい歌唱だ。
曲ごとにVocalのクレジットを見ながら聴いていただきたい。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディック・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

Champlin Williams friestedt / CWF [2016]

オリジナル曲です。安心してください。
champlin-williams-friestedt-cwf.jpg
1. RUNAWAY
2. NIGHTFLY
3. ARIA
4. TWO HEARTS AT WAR
5. STILL AROUND
6. RIVERS OF FEAR
7. ALL THAT I WANT
8. AFTER THE LOVE HAS GONE
9. CARRY ON
10. EVERMORE
11. LAVENDER MOON
12. OCEAN DRIV

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステッド:TOTO+シカゴ→→

LA スーパーPROJECTのメンツがアルバムを持ってAORシーンに帰ってきました。
全曲すばらしい出来に従来からのファンも納得、TOTOで復活したジョセフを聴いて注目
した貴方も気に入ることでしょう。
渋いチャンプリンの声もいいし、フリーステッドのギターもツボを抑えてGOO!
本家よりアッサリで聴きやすいですね。続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TOTO〜AIRPLAY系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

Mark Winkler / Jazz and Other Four Letter Words [2015]

大人な時間を貴方と・・

jazz-and-other-four-letter-words.jpg
1. My Idea of a Good Time
2. I'm Hip
3. Nice Work If You Can Get It
4. Your Cat Plays Piano
5. I Chose the Moon
6. Have a Good Time
7. I Wish I Were in Love Again
8. Jazz and Other Four Letter Words
9. I Never Went Away
10. In a New York Minute/The Great City/Autumn in New York
11. Stay Hip

マーク・ウィンクラー :歌い手

リラックスして聴くことのできるアルバム。本当のJAZZクラブの雰囲気を味わうことができます。
本場ではあたりまえのスタイルなのかな・・。
超有名なJAZZスタンダードからインスパイアされたと想像できる曲もあり、特別にJAZZ好きでなくても楽しめるのではなかろうか??続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

Thierry Condor ー Stuff Like That(2013)

AOR黄金期が蘇ります。
Stuff Like That.jpg

01. Blue Looks Good On You
02. Lucky Man (Feat. Chris Camozzi)
03. Lazy Nina
04. Memories (Feat. Jay Graydon)
05. Where Is the Love (Feat. Mya Audrey)
06. Lonely Weekend (Feat. G-Sax)
07. If I Could Hold On to Love
08. All I Know
09. Lite Me Up
10. We Will Dance (Feat. Russell Ferrante)
11. Is It You
12. Malibu

ティエリー・コンドール :スイスの歌い手

輝ける時代のAOR曲がカバーで蘇る!
顔と声が全く一致しないスイスのオジサンでありますが・・。聞いてビックラでございます。
Jay Graydon参加曲もあり、80年代テイストはふんだんに感じられます。
選曲も通好みと言えるもので、単なるHIT曲のオンパレードではありません。
これも、ギター以外の楽器を操りプロデュースもしているUrs Wiesendangerのセンス良し!
オリジナル曲でのアルバムも聞いてみたいですネ!!

Thierry Condor (Vocals, percussion); Urs Wiesendanger (Bass, drums, keyboards, percussion, vocals Background); Bruno Amatruda, Claudio Cervino (Guitars).
Participants of the album "Stuff Like That":Guests, who appear on the album, are singer Mya Audrey, G-SAX, guitarist Dominik Ruegg as well as Bernhard Schoch and Dave Feusi (horns).
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

George Benson & Al Jarreau - Givin' It Up [2006]

ゴージャスです。
Givin__It_Up.jpg
01. Breezin'
02. Morning
03. 'Long Come Tutu
04. God Bless The Child
05. Summer Breeze
06. All I Am
07. Ordinary People
08. Let It Rain
09. Givin' It Up For Love
10. Every Time You Go Away
11. Four
12. Don't Start No Schtuff
13. Bring It On Home To Me

ベンソンとジャロウ 大御所二人

有名曲のカバーとオリジナル
参加メンバーが豪華そのもの

Paul McCartney(vo)
Jill Scott(vo)
Herbie Hancock(p)
Marcus Miller(b)
Patti Austin (vo)
Patrice Rushen(key)
Rex Rideout(key)
Abraham Laboriel(b)
他大勢続きを読む
posted by taha at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

Gino Vannelli - Live in La [2015]

2014年LAでのLIVEコンサート
Gino Vannelli.jpg
1 Nightwalker 5:33
2 I Just Wanna Stop 5:05
3 If I Should Lose This Love 5:25
4 Appaloosa 5:46
5 A Good Thing 6:39
6 Wild Horses 6:12
7 The Last Days Of Summer 7:17
8 Black Cars 4:23
9 Living Inside Myself 5:11
10 Brother To Brother 8:51
11 People Gotta Move 4:17
Bonus Tracks
12 None So Beautiful 4:06
13 Canto 5:06

ジノ ヴァンネリ さん :上手い人

BEST選曲での大人ライブ。
いいすね。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

Richard Page ‎– Goin' South [2015]

カントリー&ウエスタン なPAGES
Richard Page - Goin' South.jpg
1 Southern Wind 4:24
2 Turn Out The Light 3:45
3 Diamonds 3:35
4 Two Roads And Four Headlights 3:40
5 Me And My Guitar 3:53
6 Everybody's Hometown 4:13
7 Another Day Gone By 3:33
8 Don't Know Why I Miss You 3:45
9 Heaven Is Right Now 3:38
10 This Side of the Soil 3:42

リチャード ペイジ :アメリカの歌い手さん

なんか吹っ切れた感じのアルバムです。リラックスした制作されたのが楽曲に反映されたのかな・・
やっぱり曲は聴きやすくて、カントリー風味ではありますが・・あまり気になりません。
メロもいいし、歌も上手いですからね。オススメです。
続きを読む
posted by taha at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock/pops系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。